私の感想は、タイトルどおり。

ITmedia News:Winny開発者に有罪判決
P2Pファイル交換ソフト「Winny」を開発し、著作権法違反(公衆送信権の侵害)ほう助の罪に問われていた金子勇被告の判決公判が12月13日、京都地裁であった。氷室真裁判長は罰金150万円(求刑・懲役1年)の有罪判決を言い渡した。

なぜ想定の範囲内かは、「裁判所が国を滅ぼす」を読めばわかります。書評済みですが改めて紹介させていただきます。一つ改めてはっきりしたことは、日本は殺人者に優しく、開拓者に厳しい国だということ。

いや、法律に優しく「コモンセンス」に厳しい国、でしょうか。

さてと。これで京都府警は判決を勝ち取りました。次はどこでしょうか?まずGoogleあたりはいかがでしょうか。Google Cacheが著作権法違反でないとは言わせませんよ。少なくともgooglebotから、「あなたのWebページを複製してもよろしいでしょうか?」と聞かれた試しはありません。「無断リンク禁止」を呼びかける方は、是非京都府警に被害届を出していただきたく。もちろんYahoo!にもMSNにも。

当然ソーシャルブックマークを始めとするWeb 2.0な全ては被告候補。いや、潜在的にインターネットに接続しているハードウェアおよびソフトウェアのベンダーは、デジタル情報の閲覧というのはメモリーへの複製という事実がある限り全て被告候補です。ルーターとて、パケットをバッファーしている以上は例外ではありません。Ciscoさん、Are you ready?(←これも著作権法に抵触するのかしらん)

「たかが」一個人にこれだけ「丁寧」な対応をとって下さるのだから、これらもちゃんと摘発しないと鼎の軽重が問われると思うのですがいかがでしょうか?>京都府警。当然お膝元にある任天堂や京セラも摘発していただけますよね?私のblog、Wii経由でも見えるはずですが、私はWiiでの閲覧を許可した覚えはありませんよ?もちろん京セラの携帯からも。

しかし京都府警だって、本当のところはこんな対応をしたくなかったというのが本音でしょう。それは「ネットvs.リアルの衝突」を読めばわかります。実のところ、上で述べたような皮肉を京都府警の担当の方に言うのはかわいそうにも思います。彼らは仕事をしただけなのですから。

本当の「犯人」は、時代遅れの法を放置した政府と、その政府を放置した国民なのです。私には、法を放置することはWinnyを放置することよりもずっと「悪いこと」に思えるのですが。

腕や口に覚えがあるみなさんは、そろそろ移民を真剣に考えた方がいいかもしれません。私に関して言えば、幸い本blogは日本国外にいてもほとんど今までと変わらず書く事もできますし、子どもたちはまだどの国に連れてってもすぐに慣れるほど幼い、いや若いし、妻も外国アレルギーはほぼ皆無です。お薦めの国があれば是非紹介して下さいませ。

私は日本が好きだと思い込んでいましたが、この美しい国は私のような輩は好きでないようです。一方的な片思いをしてもうざいだけでしょう?法で頬を殴られる前に大人しく去れということですよね?これは。

jkondoも、これを見越していたのかしらん....

Dan the Disappointed Taxpayer

追記:

isologue - by 磯崎哲也事務所: Winny裁判有罪判決
もしYouTubeが日本にあったら、今頃とっくに、東京地検特捜部が「犯罪のほう助」容疑で、会社から段ボール箱を運び出しているんだろうなあ、と思う、今日この頃。

地検特捜部が段ボール箱を運び出すより、それに飽きれた人々が自分たち自身を外に運び出す悪寒。

Winny開発者に罰金150万円の有罪判決 - GIGAZINE
なお、日本の著作権に関する厳しさは非常に高いレベルになっており、おかげで自分で自分の首を絞めているというケースも。例えば各種国内検索エンジンですが、ボットが収集した各種ホームページのデータ。そのままサーバに保存しているとビジネスに利用した段階で違法になってしまうわけで。そのため、国内の検索エンジンはすべてサーバを海外に置いているそうです。

検索サーバー:国内に設置 実現へ著作権法改正方針−話題:MSN毎日インタラクティブ

さすがにこれはまずいという判断で、著作権法を改正するらしい。

でも記事をよく見ると....

検索サーバー:国内に設置 実現へ著作権法改正方針−話題:MSN毎日インタラクティブ
同法をデジタル社会に対応させるための他の項目と合わせ、改正案を08年の通常国会に提出する。

2006年ってまだ終わってませんよね?このスピード感の違いに愕然とします。「あちら側」とこちら側」の速度差というのは、「竜の卵」のチーラと人類ぐらい相当しそうです。

むしろ曲がりなりにも日本が遅れないで済んできたことこそ奇跡的のように思えます。この点については、entryを改めて考察することにします。