やっとこそさ、Amazonでも予約開始になったようなので

初掲載2007.06.17;販売開始まで更新
2007.06.19 表紙画像を追加

実は、本書においてひろゆきさんと私が対談しております。本書の内容の1/4程度が、それにあてられているはずです。以下、新刊案内書より抜粋。

内容紹介

1999年に開設した『2ちゃんねる』。閉鎖やドメイン差し押さえに関する、噂や報道が幾度となくありました。2006年頃からは書き込みに関する裁判問題で、報道されることが増えています。しかし、インターネットの構造を考えると、“潰すほうが大変”であると管理人のひろゆき氏は説明します。

本書では、2ちゃんねるの管理運営を通じ、ひろゆき氏が考えるインターネット論を展開。数多のインターネット賞賛本とは異なる、技術者であり、“神”であるひろゆき氏が考えるインターネット“進化論”となっております。また、IT系ジャーナリズムの第一人者・佐々木俊尚氏、カリスマプログラマー・小飼弾氏との対談も圧巻です。

目次

  1. まずは結論
  2. ITのウソ
  3. 明るい未来への誤解を解く
  4. 対談 佐々木俊尚×ひろゆき
  5. 間違いだらけの法律
  6. メディアと2ちゃんねる
  7. 対談 小飼弾×ひろゆき

著者プロフィール

ひろゆき(本名・西村博之)●1976年生まれ。中央大学在学中に米アーカンソーに留学。1999年5月にインターネットの匿名掲示板『2ちゃんねる』を開設。東京プラス代表取締役、未来検索ブラジル取締役などで企画立案、プログラマーとして活躍。2006年に、ニワンゴから動画サービス『ニコニコ動画』をスタート。著書に『元祖しゃちょう日記』(講談社)、牧野和夫弁護士との共著に『2ちゃんねるで学ぶ著作権』(アスキー)など

おそらく私が今までやった対談の中では、一番リミッターが外れた対談です。

ふるってご予約くださいませ。

Dan the Interviewer Thereof