あまりに文化的すぎて絶望した!

糸色先生も草葉の陰でさぞおよろこびなさっているでしょう。

知らない人のために元ネタも。

Dan the Zetsubophilia