そんなあなたのお悩みに、アルファブロガー(笑)の私がお答えします。

BLOG15.NET : ブログはこれからおもしろくなるのかな? - livedoor Blog(ブログ)
今のブログの新規参入者に対する参入障壁のようなものはものすごく高い。何年も前からブログをやっている人で、今のブログの新規参入障壁の高さを分かっている人は、あんまりいない。

まずは自分という読者を徹底的に意識しよう

いわゆるアルファブロガーなどの人気blogから張られているリンクを一度よく見てみましょう。外部に対するリンクだけではなく、内部、すなわち自己blogに対するリンクも充実しているはずです。本blogはその典型な例。自分に対して飛ばすTBの数も半端でなく多い。

なぜそうなるかといえば、自分の記事を再利用する機会が多いから。例えば本blogの二つの柱であるプログラミングと書評は、私自身が「チートシート」として活用する機会が多く、またそういう機会が多い記事というのは「アルファ記事」に化けやすい。

私は過去何度か「記事を書き捨てよ」と言ってきましたが、それは真実の半分。そうしていかないとネタが脳内に滞納されて次の記事を書きにくくなるというのがその理由ですが、だからといって「今日は晴れました、○×ちゃんと遊びました。楽しかった」みたいな、夏休みの最終日にやっつけでまとめて書きそうな小学生の日記みたいなものを書けという意味では決してないのです。

まずは未来の自分が読みたくなるような記事を書きましょう。たとえば学生なら、授業ノートを書ける範囲で書く。社会人であれば、仕事のメモを公開できる範囲で書く。そしてそれをときおりまとめてまとめ記事を書く。こうした記事は、他者にも役立つことが多いので、より多くの読者を確保する公算も大きくなるのです。

一方その意味でダメ記事の代表は、blog論(笑)。「今までのblogosphereは」とか「今後のブログは」とかいった記事というのは書いた時には面白くても、「後で読み返したくなる」度合いが弱い。裏を返すと、「読ませるblog論」を書けるようになったら、bloggerとして一人前とも言えます。id:BLOG15さんはようやくその閾値に達した頃かも知れません。

「旅の仲間」を見つけて、徹底的に大切にしよう

しかし「自分は自分、他人は他人」とびしっと割り切れる人というのは多くありません。もしあなたがそれに該当するなら、あなたはそれだけでbloggerとして優位に立っていると良いでしょう。私なんぞに言われるまでもなく、「自分のための記事」を書き続ければいいのですから。

そうでないあなたは、一緒にblogを書き続ける仲間を見つけましょう。なぜエンジニア、それもWebエンジニアに有力bloggerが多いかといえば、blogの仕組みを分かっているという理由も小さくはないのですが、それ以上にお互いが「旅の仲間」となる公算が大きいから。blogで仲間通しのノウハウ交換をやっているうちに、見物人がわらわらとやってくるのです。

まずは自分と同様の問題に取り組んでいるbloggerを見つけましょう。そして彼女ないし彼が困っていたら、記事を書いて助けてあげましょう。逆に自分が困っていたら、彼女ないし彼に「助けて」entryを書きましょう。こうして出来た「互助録」がSBMなどで「かもされる」と、長年使える良記事に化ける公算が高くなります。

アルファブロガーを徹底的に利用しよう

アルファブロガーがなぜアルファかといえば、他のbloggerにとって利用しやすいからです。そこから記事がリンクされればアクセスは増えますし、アルファブロガーであれば単にbloggerとしてアルファであるだけではなく、そのblogをアルファたらしめた分野ではたいてい第一人者、少なくとも一人前であるので、そこからの反応というのは単純にうれしいことが多い。

そのことをアルファブロガーたちもよく知っています。彼らとてはじめからアルファではなかったのです。他のアルファブログにコメントしたりTBを打ったり、そこの記事を上手に引用して発展させたりした結果、後にアルファになったのです。一部例外もありますが、彼らは利用される事に非常に寛大で、寛大なブロガーほど人気者になる傾向ははっきりと見てとれます。

だったら何の遠慮がありますか。徹底的に利用しましょう。自分が絡める話題であれば、遠慮せずに絡みましょう。異論があればどしどし述べましょう。そのアルファブロガーが何か悩んでいて、それに対して何かできることがあれば、「どうせそのアルファブロガーの記事の方がアクセス数が多いんだろ」とか言わずに助けてあげましょう。

まとめ - 高価値の記事とは、ループが豊かな記事

こうして三つのコツをまとめてみると、その三つに共通することが一つあります。それが、ループ。「自分のために書いた記事」は「自己ループ」、「仲間のために書いた記事」は「相互ループ」、そして「アルファブロガーのために書いた記事」は「blogosphereループ」。「記憶はループである」というのは私の持論でもあるのですが、こうしたループをどれだけ豊かなものにできるかが、そのblogの価値を決める言い切っていいと思います。

書いて捨てるのではなく、書いてまた拾う。blogを続けるのであれば、まずは自分から拾いましょう。そういう姿を見て、人もあなたの記事を拾うようになるのです。

Dan the Blogger