おお、ついにAmazon本家がこんな記事を。

「ブロガーとして、もっと売るにはどうしたらよいか」というのはこの記事におまかせします。同記事のタイトルに明らかに該当する私が「うん、その通り」と感じたのですから。

その代わり、「ブロガーたちにもっと売ってもらうにはどうしたらよいか」、すなわち出版社や著者が出来ることを、本記事で述べることにします。

書籍ごとに、permalinkを用意せよ

Rogers Graph

未だにこれがわかっていない著者や出版社はさすがに右のグラフの右端の laggard となっていますがそれでもゼロではないので。Webページは出版社/著者ごとにだけではなく、書籍ごとに必要です。まともなアフィリエイターなら、Amazonだけではなく必ずそこにリンクを張りますし、リンクが張られればそれだけページランクも上がり、本の認知度だけではなく出版社や著者の認知度も上がります。

書影がないのは論外

なのですが、これもまだ多い。レイトマジョリティと言っていい。Amazonの場合、掲載者はあくまでAmazonなので書影登録に時間がかかるのもある程度やむえないのですが、自分のサイトであればそういういいわけは通用しません。実際私はAmazonに書影がない場合は出版社/著者サイトのそれを利用するようにしています。

どちらもない場合のみ、やむなく"No Image"にしていますが、この場合の売上げは明らかに落ちますし、それを学んだアフィリエイターであれば、記事掲載を後回しにしたり諦めてしまったりする公算もかなり大きくなります。

書籍ページには目次を必ず載せよ、それも詳細に

残念なのが、まだ書籍ページの多くがオビに載せる程度の簡単な目次しかのせていないこと。これまたレイトマジョリティ。目次はアフィリエイターが引用するコンテンツとしては書影の次に多く、そして新書など、書影の差が少ない書籍においては書影以上に重要です。

そして掲載する際に需要なのは、「目次」ページにあるテキストをすべて掲載すること。章立てだけであればAmazonなどにも掲載されますが、全目次ともなるとそうも行かない。Amazonに掲載できないものこそ、自分の用意するべきです。

献本はアフィリエイターをよく見て

有力ブロガーに献本というのは、すでにイノベーターを通り越してアーリアダプターの領域に入っています。ですが、各ブロガーにも得手、不得手があります。例えば俺と100冊の成功本に「これならわかるネットワーク」を献本しても、聖幸さんも困ってしまうかも知れません。本blogのような「雑食性blog」というのは実は数が少なく、そして数が少ないだけあって献本も集中しがちで、献本が書評になる確率もどうしても下がってしまいがちです。

この点で上手なのが、オライリー・ジャパン築地書館。両社とも本blogの特性を実に上手に利用しています。両社とも単価が高いので、それだけ高品質の書評に対するインセンティヴが高いこともあって、両社は明らかに「狙い撃ち」献本しています。もちろん自社ページをきちんと準備し、書評のための材料を揃えた上で、です。

中身はかつてないほど問われます

あまりに当然でもあるのですが、それだけに最も難しいのがこれ。どんなに工夫しても、中身がダメならダメです。そしてこのネット口コミの時代、中身がダメなことは今まで以上に早くバレます。著者の知名度や広告予算でものを売る時代ではないのです。

その意味で、ネット広告の時代というのは、「まずはいいものを作る」という原点回帰の時代でもあります。いいものを作り、それをいいことがわかる人に紹介するだけでいいのですから、これほど楽な時代はない。出版社がばたばた倒れているといいますし、それは事実でもあるのですが、その一方小さな出版社ほど元気で、老舗ほど顔色が悪いというのが実感です。

自らブロガーとなれ!

しかし、上で言ったことは、言われただけではいくら言われても理解は出来ても納得はできません。まずは自ら行動して下さい。著者であれば、blogは必ず開設しましょう。そしてそれを通して、ブロガーの気持ちを理解しましょう。はまり過ぎると著作に悪影響が出るかも知れませんが、たとえば一日一更新、週一で休みなど、あらかじめルールを決め、節度を守ればblogはかならずあなたの味方になります。

出版社で多いのが、「でもうちの上層部は頭が固くて、なかなかサイトを更新してくれない」というもの。しかしこれは今やいいわけになりません。編集者単位でだってblogは開設できるのですし、そうされている方も少なくないのですから。

具体的な好例というのは、やはりこの二者でしょう。反論は彼女たちよりも多く売ってから。

重要なのは、自らも網の一部となること。どれほど大きな出版社も、そしてどれほど有名な著者でも、しょせんその網の結び目の一つに過ぎず、どれほどの魚がかかるかは、結び目の強さではなく網の大きさで決まるのですから。

Dan the Blogger