眠たいこと言ってるなあ。

結婚を控えた隠れ腐女子の葛藤あるいは奮闘
私は隠れ腐女子。そう、もちろん彼氏にも隠してる。

エロアイテムだとかやおいアイテムだとか、場合によっては鉄道模型だとか、これから結婚する人がよく「結婚前に○×を隠さなきゃ」と言っているけど、それははっきり言ってよしといた方がいいよ。以下理由。

リアルはもっとエロでグロ

なんだかんだ言ったて、この場合たかがモノ、たかが絵、たかが視覚じゃん。夫婦生活は五感に全てだからね。何もセックスばかりじゃない。流し忘れた相方のウンコだって目にしちゃうだろうし、逆に自分のそれを相方に見られてしまうことだってある。てめえのウンコみられるのがほぼ確実なのに、絵ぐらいでびびっててどうするよ。

よしんばがんばってこれらも全部避けたとしても、子供が出来ればもうクソミソからは逃れようがない。わが子とはいえ、クソまみれのケツを拭くのが平気になるのが既定路線なのに、いまさら本を隠すなんてドタマ隠してケツ隠さずもいいところ。

知らぬ魔に捨てられてもいいのか

面白いもので、隠し事をしている人というのは、隠していることがバレないかは気にしても、隠しているものが勝手に処分されることは気にしなかったりする。そして夫婦間における隠し物というのは、バレてもめるよりも、相方がそうとは知らず処分した後もめることの方が多いようにも見える。

鉄道模型を捨ててから、夫の様子がおかしい:アルファルファモザイク
かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)という感じでした 結婚2年目ぐらいから「こんなにあるんだから売り払ってよ」と夫に言い続けたのですが 毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい 留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました

そう。この場合ものが見えているだけでも「隠さなかった」ことにはならない。目の前にあっても、それが自分にとって大事な物であることが相手に伝わっていないと、いつゴミ扱いされてしまうかわからないのだ。

本当に隠すべきものが隠せなくなる

私は夫婦間の隠し事は少ない方がいいとは思っているけど、ゼロにはできないということも承知している。よしんば全てをオープンにして、相手の目と耳に何もかも入れたところで、相方がそれを理解できなければそれは相手にとって存在しないのとおなじこと。こういう潜在的な隠し事まで含めれば、相手は自分ではない以上--いや、忘却がある故に自分自身からですら!--隠し物事は必ず出来てしまう。

ましてや、100%妻とか100%夫というのは存在しえない。友人関係や仕事関係経由で、配偶者にも言えない物事が貯まっていくのは避けがたい。友人関係や仕事関係が充実すればするほど、むしろ増えたりもする。

隠さねばならぬ物事というのは、いやがおうでも増えていくのだ。そして隠すという行為は心理的にも物理的にもかなりコスト高な行為である以上、隠してもしょうがないことを隠すのは脳力の無駄遣いではないのか。

過去にちょんぎった元カレの男根コレクションとかならとにかく、たかが想像の産物じゃないですか。それくらい、世間一般はとにかく家庭内で見せられないと、ウンコを流し忘れただけで死にたくなっちゃうようになりますぞ。

ちなみにこちらは妻の大好きな山野一のうち、珍しく書影がAmazonに登録されている一冊。婦女子の趣味なんてこちらに比べればずいぶんとかわゆいと個人的には思うのだが。

あ、「弾をコレクションしている」ことの前では全て霞むか。我ながら納得。

Dan the Tran-parent