するぷろ

というわけで私も使ってみた。

結論からすると、荒削りながら、Safari on iPadでblog投稿/編集するよりはずっと楽ということになる。もっともMac/PCのブラウザーに及ばないのは致し方がないことなのだが。

livedoor bloggerとはてなーは使ってみてもいいと思う。600円というのは他のアプリの完成度と比較してみると割高に感じはするが、しかし絶対金額として見ればただみたいなものでもあるし。

iPadでブログを更新するためのブラウザアプリ「するぷろ」 | 和洋風◎
基本的には、するぷろは、ウェブモードとブログモードを交互に見ながら更新をすすめていくカタチになります。

この文章が真ん中に来ているところが下手である。これを真っ先に言っておくべきだった。

blogに慣れたbloggerは、普段Mac/PCでどうやってblogを書いているか。

言及したいURLをあらかじめタブで開いておいてから、エディタで文章を書き、それを投稿ページにペーストしてからプレビューして、手直ししてから投稿ボタンを押すのではないか。

するぷろは、まさにそういう使われ方を想定して作られている。

だから一番重要なのは、このスクリーンショットではないか。

通常のWebブラウザーであればbookmarkletでやる作業を、するぶろは組み込んであるのだ。

その観点からいくと、するぷろの現状一番の不満は、投稿「タブ」(あえてモードと言わない)とウェブ「タブ」の二つしかタブがないところだと言える。ウェブモードのタブは複数あるべきだ。エディタモードの内容を保存できないことがその次に、FTP経由でしか画像がアップロードできないことがその次あたりに来る。

しかし私はそもそもiPadでblogを100%書こうとは思っていないので、現状のするぷろでも充分役に立っている。これならtwitterで誤字脱字を指摘されてもすぐに直せるし、下書きであればこれで充分できる。

方向性はこれで正しい。このまま進んで欲しい。ただしちゃんと進むこと。現状は商品として荒削りすぎることは確かなのだから。livedoorとはてなの中の人の協力もとりつけて。

Dan the User Thereof